ソリッドデータであれば

HOME会社案内ソリッドデータ型設計実例プラスチック金型設計実績例Mg合金チクソ金型(ダイカスト) ・ プラスチックに関わる商品開発設計実績例客先への提出完全ソリッドデータ型設計実績例ソリッドデータであれば3D(3次元)CAD教えてます。アット・ホームページ@nifty


 

〔1〕型図をソリッドデータでもらうと何故いいのか


(サフェスデータと比べて)

@ データの精度が比較にならないほど良い 
 
特に境界精度がよい 何故ならsolidは出来上がり精度5/10000以下でないとブーリアン演算が出来ない ソリッド設計は成り立たない その結果 出来上がりソリッドデータは精度が超高級である

A 境界精度が良い為 データ量が少ない 操作が軽く動く (サーフェスデータの1/4〜1/5)

  境界精度が良い為 IGES等の中間ファイルに変換した時 壊れにくい 

  境界精度が良い為 NCパス作成が速く 綺麗 (パス演算時迷いがない) ソリッドデータをサーフェスデータに変換しても同じことが言える 

B CAD同士の化けがない

C 部品形状に抜けがない 抜けた形状ではソリッド成り立たない

D ブーリアン演算(足し算、引き算)が出来る

E 部分シェイディングが利くので
  Assemblyにて互いの部品同士の境界関係がよく見える

F 電極取り出しが早い

G 整理整頓が簡潔 データ1つに物1つなので一体管理

H データ扱いがシンプル 物1つにデータ1つ サーフェスデータみたいに集合体でない

I 各々 部品はファイルごとに分かれているのでスッキリ
 
J 型から出来上がり製品取り出せる

K 干渉チェックが出来る

L 修正が異常に早い(実力があればある程早い)

M 解折に使える

N 型のシュミレーションが作れる






(その他 参考)経験からsolidのこと(一部)

<solid設計のみに移行して17年目>


○solid同士でやり取りするには パラソリッドデータ・ACISデータ・stepデータ・生データの4通りがあります。

○stepは203  214いずれもsolid 同じです。

○パラソリッドデータは suf、splineもやり取り出来ます。

○solidをigs変換するとsufになります。

○igsは やり取りする時 sufになります。

○igsがsolidになるのは CADでsolid取り込み変換の際、元々 面の境界、互いのベクトルが良かった為ヒーリングしてソリッド作成をしているから。solidで作り上げた純粋なsolidではない。

○sufデータの変換くるいは igs変換時大きなうねりの面の時 面を分割するとか 大きな曲線の時 直線にするとか等の変換パラメータが入っているから。根本はもともとのデータ作成の精度が悪いから

○どんなに頑張ってもsufデータ作りは精度が悪い

solid同士やり取りするとくるいがありません。 但し、純粋にソリッドで作り上げたデータであること
sufデータを縫い合わせしてソリッドしてあるのは狂いがないとはいえない
ソリッドデータは足し算引き算にて0.0005以下でないと出来ないし
スケッチにて0.0001程の隙間以下でないと立ち上がらない?
ほどのレベルの高高精度である
設定精度でなく出来上がり精度がそうなるのである
しかし、sufデータを縫い合わせしてソリッドしてあるのはソリッドになった
からといってデータが良くなった訳でない
縫い合わせ精度内にてソリッドになっているだけ
だからこれをsufデータに書き出すともとのままのsufデータ精度のまま
になる その証拠にみれるのは縫い合わせ精度内にてソリッドに
なっているデータで境界はしっかりしているのに
足し算引き算が出来にくいのがある
出来ても拡大拡大拡大としていくとエッジが乱れて一致してないのが見て取れる
そのようなデータはstepデータで書き出してもソリッドにならない事が有る
精度が良ければstepデータで書き出してもソリッドになるのに
エッジ精度が良ければどんな異なったCAD間でも
機種 バージョン ハイエンド ローエンド 変換ファイル関係なく
問題なくソリッドデータとしてやり取り問題ない

○solid間で生データが写らないのはバージョンの違いです。

○データ量が大きいから動きにくいとは必ずしも言えません。確かに重たくはなります。
solidのみで作ったデータが異常に重たいのは作り方が悪く、どこか形状作りにて形状違反しているか不具合な拘束が残っているから。
パラメータ切ってもその様なデータは重い。
作っていく時 急に動きが重くなったらその作り方は変えて違う作り方をしてみる。
そうすると大容量データも動きます。


○R等の削除にしても 形状を見ること。 ソリッドは数学の図形。 経験を積むと読める様になる。

ソリッド作成は精度が命。精度が悪いとソリッドにならない。
エッジがきれいにないとブーリアン繰り返しに影響が出て来る。データ量にも影響します。
0−0に合わせる作業は経験を積んでいくとさほど手間のかかる仕事ではありません。コマンドの使い方でクリアする。むしろその方がデータ軽く仕事はスピーディーに進む。

○同モデルなのに各々データ量が異なります。
一番軽いものパラソリッドデータ 次にstep そしてigsは重たいです。

一般的に
 igsはstpの約1.8倍 パラソリッドデータより約2倍重くなります。
(ソリッドモデルのみにての社内実績です。)
別に形状が変わる訳ではありません。


ソリッド設計は修正、変更が一番便利です。 パラメータ、履歴があればそれがNo.1。 アンパラメータでもsufデータより断然早い。 メリットは足し算、引き算のブーリアン。



HOME会社案内ソリッドデータ型設計実例プラスチック金型設計実績例Mg合金チクソ金型(ダイカスト) ・ プラスチックに関わる商品開発設計実績例客先への提出完全ソリッドデータ型設計実績例ソリッドデータであれば3D(3次元)CAD教えてます。アット・ホームページ@nifty